• ホーム
  • 避妊ピルのノベロンはマーベロンの海外市場向け版

避妊ピルのノベロンはマーベロンの海外市場向け版

悩んでいる私服の女性

低用量ピルには色々な種類のものがありますが、そのひとつが第3世代ピルのマーベロンです。
マーベロンはMerck&Co社という会社で製造されており、日本の厚生労働省が認可している薬です。
マーベロンは1999年に医薬品として承認を受けているために、病院でもよく処方される薬のひとつです。

ノベロンという低用量ピルは厚生労働省の承認を受けていないために、国内の病院では処方されることがなく、マーベロンに比べると日本での認知度がやや低いといえます。
しかし、ノベロンはマーベロンと同じ成分でできており、含まれる成分はデソゲストレルというものがあり、これは他の低用量ピルに比べて男性化作用が出にくいという特徴があります。
そしてノベロンはマーベロンの海外市場向けに作られているために価格面でマーベロンよりも安くなっています。

今までの低用量ピルを試したことがある方で、服用後に食欲が増して体重が増加してしまったり、ニキビができやすくなる副作用がでて低用量ピルの服用を中止している人がいます。
そういった方でもノベロンならば含まれているのがデソゲストレルなので、気になる副作用が抑えられて、再び低用量ピルの服用を再開することもできます。

デソゲストレルの作用は黄体ホルモンと同じ働きをすることで、体を妊娠した状態に近づけることです。
すでに妊娠をしている状態になると体は排卵をする必要性を感じなくなり、排卵が抑制されて妊娠を予防できます。
そのためマーベロンやノベロンを服用している間は高い確率で避妊が可能になります。
飲み忘れずに正確に毎日飲み続けていれば、99%以上の避妊効果があるということで優れた避妊薬と言えるでしょう。

副作用の少ないマーベロンはとても人気のある低用量ピルですが、同じ効果を持ちながらお得な価格設定になっているノベロンを使うと経済的な負担を軽くすることもできます。
低用量ピルは飲み続ける必要のあるものなので、値段が安いことが重要なポイントになってきます。

エストロゲンの含有率が少ないので副作用も少ない

ノベロンのもう一つの特徴は、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの含有量が最も少ないという点です。
吐き気や頭痛など、低用量ピルの飲み始めに起こりやすい副作用は、エストロゲンが原因だとされています。
そのため、エストロゲンの量が多ければ多いほど副作用も出やすくなってきます。
少ないほうが副作用が出にくくなりますが、少なすぎると避妊効果が落ちてしまうために、ちょうど良いバランスで配合することが大切になります。

ノベロンに配合されている女性ホルモンは、このデソゲストレル以外にはエチニルエストラジオールという種類のもので、これがエストロゲンと同じ働きをします。
ノベロンに含まれているエチニルエストラジオールは生理周期を通して一定となっており、最小級の0.03mgです。
これだけ少ない量に抑えられていることが、他の低用量ピルよりも副作用が出にくい理由です。

含まれているホルモン量が少ないということは、少しでも飲み忘れがあると体の状態が低用量ピルを服用していない時期に戻ってしまうということで、そうなると排卵が起きてしまい避妊効果がなくなってしまいます。
ノベロンの場合には36時間以上の間隔が空いてしまうと避妊効果がなくなるとされているために、他の避妊方法を併用する必要が出てきます。

ノベロンは副作用が少ないというメリットがある一方で、飲み忘れには十分な注意が必要になる種類の低用量ピルです。
毎日服用することはもちろんですが、できるだけ飲む時間も一定にすると飲み忘れがなく確実な避妊効果が得られるでしょう。
マーベロンを使っていて価格を抑えたい人や、他のピルでは副作用が出てしまうという人はノベロンがおすすめです。

サイト内検索
人気記事一覧