• ホーム
  • 緊急避妊ならアフターピルのアイピルで

緊急避妊ならアフターピルのアイピルで

働いている女性

性行為をする時には望まない妊娠を防ぐために避妊をすることが大切ですが、何かの事情で避妊が行えなかったり、避妊に失敗をしてしまった時には緊急避妊薬を使って避妊を行うことができます。

これは性行為の後に使用することで避妊効果を出すものですが、女性ホルモンが含まれているために、女性の体の中のホルモン量を変化させて妊娠を予防する効果を出します。
そのため、女性の体には多少の負担がかかりますが、妊娠をしてしまってからではこれ以上の負担がかかることになるために、妊娠を予防するためにはしっかりとアフターピルを使うことが大切です。

ノルレボは性行為の後72時間以内に1錠だけ内服をするという使用法のもので、含まれている成分のレボノルゲストレルは世界保健機構必須薬に指定されている成分になります。
ノルレボのジェネリックにあたるのがアイピルになりますが、ジェネリックということでノルレボよりも安価な値段設定になっています。

アイピルはジェネリックということでノルレボと同じ成分のレボノルゲストレルで作られているのにも関わらず、かなり安く手に入れることができるので、経済的な負担を減らすこともできます。
アフターピルは性行為の後に服用するものですが、できるだけ早く服用することが望ましいので事前に準備をしておくといざという時にすぐに使用できます。

アフターピルは他のピルに比べて含まれている女性ホルモンの量が多いため、副作用も強く出ることがあります。
避妊目的で使用されるピルは副作用を減らすために、避妊効果が出る最低限度まで含まれる女性ホルモンの量を減らして作られています。
そのため、そこまで深刻な副作用は出ないことが多く、服用を続けているうちにおさまってくるものがほとんどです。

それに比べてアイピルは服用後に副作用があらわれると強い吐き気が出たりすることがあります。
そういったことに備えるために服用前にはどのような副作用があるのかを知っておきましょう。

24時間以内に服用すれば9割以上の避妊効果あり

アイピルは性行為を行って避妊に失敗をした時に使用する薬ですが、飲み方の大きなポイントは性行為の後にできるだけ早く服用をすることです。
避妊をせずに性行為を行った時には体の中で妊娠が成立してしまう前に、アイピルの効果を出さなくてはいけません。

そのためにはアイピルをいつ飲むかということが重要で、体の中で妊娠が成立してしまった後ではアイピルを使っても避妊効果は発揮できません。
アイピルを服用した時に排卵がまだ起こっていない状態だった場合には体内のホルモン量を変え、排卵のタイミングを遅らせることで妊娠を予防します。
精子が体内に入っても、排卵が起きなければ妊娠をすることはありません。

そして排卵が起こった後の状態だった場合には、アイピルを服用した後に黄体ホルモンが高い値に保たれるため、体を妊娠した時と同じような状態に近づけることができます。
こうした状態にすることで、体内で受精卵ができてしまっていても着床しにくい状態にすることができます。

精子が体内に入ってしまった時に排卵が起こっていると受精をして受精卵ができることがありますが、受精卵ができても子宮内に着床をすることができなければ妊娠は成立しません。
アイピルには着床をしにくくする作用もあるために妊娠の予防になります。

しかし受精卵が着床してしまってからでは妊娠の予防はできなくなります。
そのため性行為の後できるだけ早くアイピルを服用することが重要で、24時間以内に服用すれば9割以上の避妊効果があると言われています。
時間が経過すればするほど効果は下がっていくため、72時間以内に服用すればいいというよりも、できるだけ早く服用することが薬の効果をしっかりと発揮させるコツになります。