• ホーム
  • 生理痛の緩和に効果的な低用量ピルを紹介

生理痛の緩和に効果的な低用量ピルを紹介

女性の方なら一度は生理の不快な症状を感じたことがある人が多いと思います。
生理痛や腰痛、気分の落ち込みなどその症状は様々です。
近年では、そういった生理中の症状だけでなく生理が始まる約2週間前から起こる不調も月経前症候群と呼ばれる病気として認知されています。
生理前の段階でも気分を悪くし体調に異常をきたす女性がそれだけ増えているということです。

そんな辛い生理による症状を軽減してくれるのが低用量ピルです。
ピルは、経口避妊薬とも呼ばれています。
毎日服用することで排卵を抑制するので避妊効果があります。

その避妊効果はコンドームを使用した性行為よりも高いと言われています。
また、子宮内膜の過度な増殖を防ぐのとホルモンバランスを一定に保つことにより生理前や生理痛の各症状を軽減する効果があります。
女性特有の卵巣のう腫や子宮体がんなどの病気の予防にもつながります。

最近では病院でも生理痛のひどい患者に対してピルを処方されることが増え、避妊効果もあるため鎮痛剤などよりピルを服用する人も増えていると思います。
ですがピルにはわずかですが副作用もあるとされており人によっては吐き気や頭痛を感じることもあります。
そんな方には含有されている女性ホルモンの量が少ない超低用量ピルがおすすめです。

超低用量ピルは第3世代、第4世代のピルと呼ばれているタイプのもので、従来のものよりも副作用が比較的少ないとされています。
なので、病院で処方された低用量ピルが体に合わなかった場合にはこういったピルを服用すると副作用も少なく生理の不快症状が軽減できます。

超低用量ピルにはヤーズ、ダイアン35、ヤスミン、フェミロンなどがあります。
それぞれ効果がある成分の種類や量は異なります。
避妊効果はもちろん、生理痛をはじめとした下腹部痛や腰痛、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れなどにも効果があります。

前述した低用量ピルは日本国内では取り扱っていないものも多く、病院で処方されることはほとんどありません。
なので個人輸入代行業者による通販サイトからの購入が主な入手ルートになるようです。
ひどい生理痛に悩んでいる方はまず婦人科に行ってみて医師による診断を受けましょう。
病院で処方されたピルが体に合わなかった場合にこういった超低用量ピルを検討してみると良いでしょう。

ヤーズ、ダイアン35、ヤスミン、フェミロンの違い

自分で通販サイトで購入する場合、どのピルを選んだらいいのか悩んでしまうと思います。
まず、避妊効果ですが、これに関してはどのタイプのものも同程度に効果があるようです。
ですが、のみ始めた期間により効果がではじめるタイミングが変わってきます。

ヤーズは生理初日から服用をはじめればその日から避妊効果があるようです。
それ以外の場合は7日ほど服用することで避妊効果が出始めます。
その他のヤスミンやフェミロンなどはのみ始めて14日ほどで避妊効果は発揮されます。

ヤーズは月経困難症治療薬として国内認可をされています。
ホルモンバランスを整えてくれることで様々な月経困難症による病状を緩和します。
生理時の子宮収縮運動を弱める効果もあるので特に生理による下腹部痛を和らげる効果があります。

ダイアン35はプロゲストゲンである酢酸シプロテロンとエチニルエストラジオールというホルモン剤が含有されています。
これらのホルモン剤は男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整える効果が特に高いとされています。
なのでダイアン35は他に比べて、ホルモンバランスの崩れによるひどいニキビや男性ホルモン性脱毛症などにも効果があります。

ヤスミンは新成分であるドロスピレノンが、一緒に含有された女性ホルモンを減らすことから副作用を緩和させている種類のものです。
なので、他のピルを服用して副作用がひどかった場合に特に良いと思います。
他にも肌が綺麗になる効果があり、ピル独特の食欲増進効果がないので比較的太りにくいタイプといえるでしょう。

フェミロンはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの含有量が一般的なピルに比べて少ないため、副作用として起こるつわり症状に似た吐き気が特に少ないようです。
のみ始めてすぐの頃はそういった症状が出ることはありますが2シート目や3シート目になっても良くならない場合はこのピルを試してみるといいかもしれません。

どのタイプにするかは自分の悩んでいる症状と、他のピルを服用した際に気になった副作用などから検討してみると良いでしょう。
種類により値段も多少違いますが、購入する通販サイトによってはまとめ買いをしたほうがお得になるケースもあるようです。
基本的に1シートのみきっただけでは症状の変化が分かりづらいとされているので3ヶ月くらいは続けてみたほうが良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧