• ホーム
  • 低用量ピルを飲みながらアフターピルを飲んでもいい?

低用量ピルを飲みながらアフターピルを飲んでもいい?

低用量ピルを服用している時は体の中に女性ホルモンが足りている状態になり、自身ではホルモンを分泌しない状態になることから排卵を抑制し避妊効果を出します。
このような状態の時には、性行為を行っても排卵が起きていないために妊娠をする可能性はかなり低くなると考えられます。

しかし、低用量ピルは飲み忘れがあると避妊効果が低下することがわかっており、低用量ピルを服用している人で数回の飲み忘れがあった時に妊娠をしてしまうということが起こっています。
もしも避妊目的で低用量ピルを服用している人で飲み忘れがありながら他の避妊対策をしないままに性行為を行ってしまった場合には、妊娠をしてしまう可能性があると思っておいた方が良いでしょう。

そのような時に使用するものにアフターピルがありますが、アフターピルには低用量ピルよりも多くの量の女性ホルモンが含まれています。
そのため普段から低用量ピルを服用している人がさらにアフターピルを服用することで、急激に体の中のホルモンバランスが乱れて体調が悪くなってしまう可能性もあります。

そのため、もしも妊娠をしてしまったと思う時には普段服用している低用量ピルの服用を中止してアフターピルを服用するという方法もあります。
これは緊急的な処置ですが、体の中の女性ホルモンの量を増やすことで強制的に生理を起こして妊娠を予防するという方法です。
もしくはアフターピルを服用することで排卵をする時期を遅らせて妊娠を予防します。

アフターピルを服用する時には、いつも飲んでいる低用量ピルを服用しないようにすることで妊娠を予防することができますが、その後にいつから低用量ピルの服用を再開するのかに迷うことがあります。
そのような時には、まずは妊娠をしていないという証拠になる消退出血があるかどうかを確認することが大切です。
生理と同じような消退出血があった場合には妊娠を予防できていると考えられるために、次の周期からは低用量ピルの服用を再開しましょう。

基本的に飲む必要は無いが、何かあった際は医師に相談

低用量ピルの服用をしている時期には基本的には避妊が行われている状態なので、アフターピルを使う必要はありません。
普段から低用量ピルを服用しながらコンドームなどもうひとつの避妊方法をとっている場合で、コンドームが破れてしまった時など避妊に失敗をしてしまっても、低用量ピルの服用がしっかりと行われていれば妊娠をしてしまう可能性は少ないでしょう。

低用量ピルは毎日決まった時間に飲んでいれば100%に近い確率で避妊効果のある薬です。
そのため、もうひとつのコンドームなどの避妊方法が失敗をしてしまっても、それですぐに妊娠をしてしまう可能性は低いと思われます。

それでも心配がある時にはクリニックを受診して医師に相談をしてみましょう。
妊娠の確率はケースバイケースで、その時の状況によって確率がかなり変わってきます。
そのため実際にクリニックを受診して相談をしてみないと判断ができないことがあります。
そして、医師に相談をして緊急避妊薬が必要だと判断をされた場合には、緊急避妊薬を使用して妊娠を予防したほうが良いでしょう。

その際には普段は低用量ピルの服用をしていることも医師に伝え、どのように低用量ピルの服用を続けていくかについても話し合っておく必要があります。
緊急避妊薬を使用して妊娠を予防できたとしても、その後の避妊対策はしっかりと考えておかなくてはいけません。
望まない妊娠をしてしまうと女性の体に大きな負担がかかってしまうために、低用量ピルを使用したり緊急避妊薬を使用したりして、望まない妊娠を予防することは非常に重要なことです。

もしも妊娠をしてしまったかもしれないという不安がある時には一人で抱え込まずに医師に相談をするようにしましょう。