• ホーム
  • 低用量ピルのジェネリック薬を比較

低用量ピルのジェネリック薬を比較

笑顔の女性

低用量ピルを購入するならば、ジェネリック薬を個人輸入した方が費用を抑えられるので経済的です。
インターネット上には、海外からヤミニやジネット35のような安いジェネリック薬を個人輸入できるサイトが多数存在します。
ヤミニやジネット35などのジェネリック薬は先発医薬品よりも安価ですが成分や避妊効果、副作用、服用方法などは同様です。
安い海外製のピルであれば、継続的に使用しても大きな負担とはなりません。

ジネット35にはエストロゲンの一種であるエチニルエストラジオールが0.035mg含まれており低用量ピルに該当しますが、ヤミニはさらに少なく0.02mgです。
ヤミニは超低用量ピルに該当し、十分な避妊効果がありますが体への負担は少なくなります。
海外で製造されているピルのジェネリック薬は日本国内で未承認なので、利用するには個人輸入手続が必要です。
未承認の医薬品の輸入と販売は法律で規制されていますが、個人的な使用を目的とする輸入と手続の代行は合法とされます。

あんしん通販薬局では色々な種類の低用量ピルが通販で買えますからこちらを利用するのもおすすめです。
安いジェネリック薬の多くはインドで製造されたものです。
特許には製法に関するものと成分に関するものがあります。
日本などでは両方が認められており、自由にジェネリック薬を製造・販売することはできません。

しかしインドでは成分特許のみが認められています。
製法を変更すれば自由にジェネリック薬を製造・販売できるので様々な種類の安価な低用量ピルが存在します。

ヤミニやジネット35などのジェネリック薬は、インドの製薬会社が政府から承認を受けて製造・販売するものです。
品質や安全性が優れており、価格が安いことから日本でも人気があります。
成分は先発医薬品と同じなので、避妊効果や副作用、服用方法も同様です。
ジェネリック薬を個人輸入すれば先発医薬品よりも費用を大幅に抑えることができ、安全性も優れているため安心して避妊ができます。

ジェネリック薬のヤミニとジネットで違いは何がある?

ヤミニとジネット35はインドの製薬会社が製造・販売している低用量ピルのジェネリック医薬品です。
ヤミニはエストロゲンの一種であるエチニルエストラジオールの量が少なく、超低用量ピルに分類されます。
エストロゲンの量が少ないほど副作用が弱く、体に負担をかけません。

ヤミニ

ヤミニにはドロスピレノンというプロゲステロンが3mg含まれています。
少量のホルモン薬を配合した新しい避妊薬で、女性ホルモンの補充により排卵を抑制して卵巣と子宮の活動を休ませます。

ヤミニは月経による症状や月経前症候群にも効果があります。生理痛や生理前の症状が重い場合にも使用できます。
月経初日に1錠服用したら、毎日同じ時間に服用します。
24日間連続で服用し、4日間が休薬期間です。29日目から新しいシートを使用します。

一般的なピルでは21日間使用して7日間休薬しますが、ヤミニは超低用量ピルなので休薬期間が短いのが特徴です。
副作用には頭痛や吐き気、月経痛、下腹部痛などがあります。
胃腸薬と併用すると避妊効果が弱くなる可能性が存在します。

ジネット35

ジネット35は、ドイツの製薬会社が体格の小柄なアジア人向けに開発した低用量ピルのジェネリック医薬品です。
副作用が少なく、体へ負担をかけないことから人気があります。
ジネット35の有効成分は酢酸シプロテロン2mgとエチニルエストラジオール0.035mgです。

従来のピルは体格の大きいヨーロッパ人やアメリカ人を対象として開発されていました。
そのため日本人には副作用が強いという特徴がありましたが、ジネット35ではホルモン成分が抑えられているため体への負担を軽減できます。
21日連続で服用し、7日間の休薬期間があります。

ジネット35にも吐き気などの副作用があります。
ただし2か月から3か月すると体が慣れて自然消滅するのが通常です。

ヤミニもジネット35も基本的に体への負担が少ないピルですが、長く続くような場合は使用を止めて医師に相談する必要があります。