• ホーム
  • モーニングアフターピルのジェネリック薬を比較

モーニングアフターピルのジェネリック薬を比較

様々な錠剤

経口避妊薬として有名なピル。
ピルといえば毎日服用して生理周期を整えたり、望まない妊娠を避けるために服用する医薬品であるというイメージをお持ちの方が多いと思います。
パートナーとの性行為をしているときに避妊具をしなかったり、また性行為中に避妊具が外れてしまったり破れてしまったりと予期することの出来ないトラブルに見舞われたときに服用するのがモーニングアフターピルです。

通常のピルとモーニングアフターピルの大きな違いは、毎日服用するのかどうかという点と服用のタイミングです。
通常のピルは毎日服用しなければ効果を発揮できません。
それと比較すると、モーニングアフターピルは性行為をした後に一度だけ服用する緊急事態に使用するピルのことです。
服用するタイミングこそ違いはありますが、どちらも避妊に効果があるという点は共通しています。

ピルといえば、やはり値段が高いというイメージがありますし、実際に他の医薬品と比べて値段も高く感じます。
毎日服用する通常のピルにも安価なジェネリックがあるのと同じように、モーニングアフターピルにもジェネリックがあります。
いざという時に必要なモーニングアフターピルをジェネリックでお得に賢く購入し、万が一の事態に備えましょう。

モーニングアフターピルのジェネリックは、ノルレボというアフターピルのジェネリックが非常に多く流通しています。
ノルレボは長い間、ピルとして服用されてきた歴史ある医薬品です。
そのノルレボのジェネリックということもあり、安心して服用することが可能です。
安心して服用することが出来るとは言え、どのような医薬品でも副作用が生じることがあります。

ノルレボの主な副作用は、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、めまい、眠気などがあります。
特に吐き気や嘔吐を引き起こす方が多いので、急いで服用しなければならないと焦る気持ちも分かりますが、服用する前には食事を取ったり吐き気止めの薬を一緒に服用するなどをした方が良いです。

アンウォンテッド72、ノーフェア72等は何が違う?

ノルレボのジェネリックとして多く流通しているモーニングアフターピルは、三種類あります。
それらは、アンウォンテッド72とノーフェア72、そしてシー72です。
いずれのピルも性行為後72時間以内に服用することで、望まない妊娠を避けることが出来るという点は同じですが、わずかに異なる部分もあります。

アンウォンテッド72は、意図的にホルモンバランスを崩すことで子宮内膜を剥がすという効果があります。
万が一受精してしまっても、受精卵が育つ子宮内膜が剥がれていれば受精卵は成長することが出来ないので、結果として避妊に繋がります。

また、有効成分のレボノルゲストレルには、精子が卵子への着床を防ぎ受精しないようにするという作用があります。
この作用と同様の効果がシー72にもあります。
シー72はそれに加え、人為的に生理を誘発させたり万が一受精してしまった場合にも子宮内膜の増加を抑え、着床を防ぐことが出来ます。

ノーフェア72は、子宮の入り口で頸管粘液の分泌を増やすことで精子が卵子と着床することを防ぎ、排卵を止めるという作用があります。
これにより、受精の危険性を回避し妊娠に至ることを防止出来ます。
もし万が一受精してしまった場合でも、子宮内膜が増えることを抑える作用があるので受精卵の着床が起きにくくなります。

モーニングアフターピルは性行為後72時間以内に服用すれば良いとされていますが、なるべく早く服用することでより一層効果を期待することが出来ます。
急いで飲まなければと思うのも分かりますが、医薬品ですので食事を取ってから服用することで副作用が起きにくくなります。
そのため、服用する前に食事を済ませておくのがベストです。