• ホーム
  • エストロゲン配合のプレマリンクリームの効果とは?

エストロゲン配合のプレマリンクリームの効果とは?

プレマリンクリームは、更年期障害などの症状を治療するのに使われる、クリームタイプのホルモン剤です。
卵巣欠落症状や更年期などの影響で卵巣の働きが衰えてしまい機能の低下を引き起こします。
充分な量のエストロゲンという女性ホルモンの仲間である卵胞ホルモンが分泌されなくなってしまうと、身体に色々な不調が引き起こされることになります。

このプレマリンクリームは、結合型エストロゲンが有効成分として配合されており、エストロゲンが分泌される量が足りなくなってしまっている状態を補給することが期待できます。
お肌にクリームを塗ることで、結合型エストロゲンが効率的に吸収されます。
有効成分が肌から吸収されることで更年期障害などの症状を和らげることが期待出来るのです。
こういった治療方法は、ホルモン補充療法またはHRTと言い、プレマリンクリームはホルモン補充療法に利用される代表的な外用薬の1つになります。

膣の周辺に起こる症状にプレマリンクリームは効果をより一層発揮するのです。
錠剤のプレマリンと比較して、プレマリンクリームは膣の中が乾燥したり、外陰萎縮症や萎縮性膣炎などといった更年期障害の症状を緩和するのに高い効果を得ることが期待できます。

更年期になってくると、お肌の湿度を維持するエストロゲンが分泌されにくい状態になり、膣の中の弾力や潤いがなくなってくるのです。
そうすることによって、スムーズに挿入することが困難になり、性交渉をするときに痛みを伴ってしまう場合があります。

そのため膣の中にプレマリンクリームを注入することにより膣が萎縮してしまう状態を緩和したり、膣の弾力性をキープさせたり、膣を保湿したりする効果を得ることが期待できるのです。
子宮内膜が乾燥して傷つくことによって血が出ることを予防することもできるとされています。
ただしプレマリンクリームを塗ることによって効果が得られるのは膣の周辺だけであるとは限りません。

顔にアンチエイジング、バストアップ目的でも利用

女性ホルモンの一種であるエストロゲンを補給してくれる効果を得ることが出来るプレマリンクリーム。
顔のお肌などに塗ることによってアンチエイジングの効果を得たり、胸に塗ることによってバストアップの効果を得たりすることが期待できます。

エストロゲンは女性が美しい状態を維持するのに非常に大切なホルモンで、髪の毛にツヤを与えたり、美しいお肌にしたり、バストにハリを与えてバストアップさせたりする働きがあるのです。
顔にプレマリンクリームを塗るときには、お肌に合うかどうかを確かめるために前もってパッチテストしておき、アレルギーの症状がないかどうかをチェックしておくのが良い方法になります。

パッチテストとは顔にクリームを塗る前に、二の腕や太ももの内側など目立たないところに塗って、およそ24時間ぐらい様子を観察して、かぶれや赤みを引き起こさないかどうかを確認するテストのことです。
もしもパッチテストでかぶれや赤みが認められたときにはクリームをすぐに洗い流して、顔に塗るのは差し控える必要があります。

副作用についてはプレマリンクリームは錠剤タイプのプレマリンより現れにくいので、比較的安心して使いやすい外用薬です。
プレマリンクリームをお肌に塗ることによって不正出血や膣のヒリヒリ感、灼熱感などといった副作用が引き起こされる可能性があります。
他にも膣の中でイースト菌に感染したり、腹痛や頭痛、吐き気がしたりする場合があるのです。

万が一、副作用の症状が出てきたときには、プレマリンクリームを塗るのはすぐに止めて、お医者さんに相談する必要があります。
膣のヒリヒリ感や灼熱感はアプリケーターを膣に挿入するときに傷つけて起こることが多いため、薬剤を注入するときは丁寧に優しく行うことが必要です。
アプリケーターはクリームを膣の中に注入するための器具になります。

サイト内検索
人気記事一覧